営業時間・定休日
営業時間

10:00~19:00

 
定休日

毎週月曜日(祝日の際は営業、翌火曜を休業と致します)

 
電話番号

048-778-2633

 
 
住所

〒362-0032

埼玉県上尾市日の出3-3-11

リクルート

スタッフブログ

   
2015/12/02  サービス 
500Xと500のスタッドレスタイヤ
 

みなさま

 

季節は本格的寒さを増してまいりましたが

スタッドレスタイヤの準備はいかがなさいましたでしょうか。

 

 

大宮店には

500X用のスタッドレスセットが早速到着いたしましたので

展示を開始いたしました。

500X用17インチ 215/55R17  ↑

500X用16インチ 215/60R16  ↑

 

それぞれスタッドレスタイヤは

ピレリ ICE ASIMMETRICO(アイス・アシンメトリコ)を装着しています。

 

海外ブランドのスタッドレスは日本の雪にうんぬん・・

と心配されている方

 

安心してください。 

ICE ASIMMETRICO は日本向けに開発されております。

 

ちなみにアシンメトリコとは”非対称”のことで

タイヤの溝のパターンが最適配置された非対称パターンになっております。

 

昨シーズンに装着された方から乾燥路での安定性も、雪上性能もかなりイイよ。

と、ご満足のお声をいただいております。

 ICE ASIMMETRICOについてメーカーサイトです。

 

500X用純正ホイールセットは今期の入荷数が大変限られておりますので

お早めにお声かけください。

 

もちろん、ICE ASIMMETRICOは

いま装着されているスタッドレスの交換時期で

タイヤだけ交換されたい方にもオススメいたします。

 

 

それともうひとつ

 

以前、500及びパンダ用の

純正スチールホイールにスタッドレス(こちらもICE ASIMMETRICOです)

をご紹介いたしましたが こちら。

 

いまいち真っ黒でかわいくない

と、お声をいただきました。

 

 

安心してください。

ホイールキャップというのは
パカッと夏タイヤから外して

 

 

移し替えればイイのです。

 

 

 

 

 

移し替えの出来ないタイプの

ホイールキャップや

アルミホイールが装着されているおクルマの場合は

ホイールキャップをアクセサリーとして

別途ご購入いただくことが可能です。

 

 

個人的には

雪の日の長靴っぽくて

真っ黒も好きなのですが。

 

スタッドレスタイヤの在庫状況や

価格につきましてはお問い合わせくださいませ。

 

突然の雪が降ってきたときに

 

安心してください。履いてますよ。

 

が出来るのは今シーズン限りかも。

 

スタッドレスタイヤのご準備はお早めに。

ご相談お待ちしております。

 

 

アルファロメオ/フィアット大宮

048-778-2633

 

 

 

 

 

 
   
2015/07/08  サービス 
少し早いのですが・・・。
 

 

すこし早いのですが、

        かき

 

始めてはいませんが、

    作ってみました!!

 

 

  

 

イタリアンカラーで、

     メロン、氷、イチゴ!

 

 

 

 

で、並びをかえて・・・。

 

 

 

 

おいしくいただきました!

 

 
   
2015/06/05  サービス 
ステアリングカバーの取り付け作業
 

 

本日ご紹介する商品はこちら!!

 

ステアリングカバー!!

 

実は、これ僕たちメカニックが一台一台手縫いなんです!

 

早速ですが、作業を見ていきましょー!

 

 さてさて・・・。

 

まずは、右側から、

 

 

 

革をステアリングにあててみる・・・。

 

こんな感じかなぁ!

 

 

 

 

 

始めの縫い始めは裏から表に二巻き。

そこからは、生地の裏から表、裏から表に・・・。

 

どんどん縫っていきましょう!!

 

すると・・・。

 

こんな感じに!

 

右側上部完了!

 

早送りで、右側下部。

 

右側完成!!

 

 

反対側も同じ作業で、

 

 

完成!

 

ステアリングカバーの色は3色ありますので、お好みにあわせていかがでしょう。

 

 

次回また用品取り付け作業があった時に、アップします。

 

 

 
   
2014/04/30  サービス  メカニック 樋口 公祐
デントリペア
樋口 公祐 / ヒグチ コウスケ
[メカニック]
 
今日はボディの凹み修理のご依頼を頂きました車両の修理です。
こちらの147、ドアのプレスラインに凹みがっ!

隣の車両が開けたドアが当たってしまったのでしょうか、147の綺麗なボディラインに気になる凹み。

そこでお助けマンの登場!
デントリペアを専門とするモトデントの横瀬さん。

さっそうと現れ、凹みの修理です。

デントリペアは塗装をせずに、凹んでしまった鉄板を裏から押し出す修理なんです。

専門工具を駆使しながら凹みを戻していきます。


そして。。。
じゃん!

何もなかったかのように元通り。

まるでドラえもんのタイムふろしきみたいですね。


あ、そういえばドアに凹みが。。。

なんて思いだしたアナタ、ぜひご相談ください。

お見積もりは無料です。^^)
 
   
2014/04/27  サービス  メカニック 樋口 公祐
今日の作業
樋口 公祐 / ヒグチ コウスケ
[メカニック]
 
今日はアルファロメオ156のオイル漏れの作業をさせて頂きました。

トランスミッションを取り外しての作業になるので一緒にクラッチの交換です。
左側が新品、右側が交換したクラッチディスク。

かなりすり減ってますね。



当店で取り扱いのセレスピード、デュアロジック、TCT、アバルトコンペティツィオーネは2ペダルのオートマチックではありますが、動力伝達にオートマチックオイル(ATF)ではなく、このクラッチディスクを使用しているのです。

それが、独特のダイレクト感ある加速フィーリングに繋がっているんですね。

ぜひ、試乗して味わって頂きたいポイントです。
 
2018年12月(1件)
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ページ上部に戻る